スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
純粋に楽しみ
さてメンテ終了まで後1時間30分ですよ。皆様如何お過ごしでしょうか。

先ほどパッチを落とし終えました。なかなかスムーズに落ちたことに驚愕です。やっぱり夏休みなのでお休みの方は早々に落とし終えているんでしょうか。準備万端。ばっちこーい!ふぅー!

私が期待していることは、新3国+補給港の街並み実装に伴い、どのようにゲームが変化していくのかということです。そしてこの新3国が今後どのように現3国に絡んでくるのかが楽しみでなりません。できれば傍観者ではなく、当事者として私も渦中に飛び込みたいのですが、あまりにも実力不足。草葉の陰から見守らせて頂きます。

他にもとにかく魅力的な内容の追加要素がもりもり。実は、サーバー状態がいつも”通常”だったことに「人減ったのかな…」なんて密かに落胆していたのですが、これで新規が増えて再び活気が戻ればいいなんて、優等生的なことを思ったりもしています。


○安全海域化の前に

今まで疎遠していた東地中海開拓の旅を決行致しました。疎遠していた理由は危険海域だったから…。そう単純明快です。マディラが危険海域だった時代にPKされたから危険海域にトラウマがあるんだよ!……とか逸話はございません。ごめんなさい。ただイメージで危険海域は危険なんだよ、行ったら生きて帰ってこれないんだよ!とまるでグランドラインのような場所だと勝手に思い込んでいました。

その思い込みを覆したのが、明日からの安全フェスティバル。
ぶっちゃけ恐怖は拭いきれていませんが、沈められても明日から自由に航海できるならそれはそれで記念になるな。と後ろ向きとも取れる前向きな姿勢で東地中海に臨むことになりました。貯金し、交易品は極力積まず、貴重品は貸し金庫に預け、いざナポリから出発。そそ、もう一つ東地中海に行く理由にクエストでペイルートに行かなくてはならなかったから…。

リアル地図片手にどんどん東へ。
そして遂に東地中海へ。いきなり艦隊組んだ他PCとすれ違ったときは死んだと思いました。もうほんとビクビクしながら航海しているのは生きた心地がしません。脇の下から汗が垂れる位緊張していましたよ。沿岸に沿って航海していたら街が見え、とにかく早く早く青ネームになってくれと祈りました。仕事帰りに何かが漏れそうになっていたとき、早く家に着いてくれと祈ったときのソレに似ています。

ホッとして流した撮った記念撮影です。


看板娘と2ショットダイヤル。ミトンがオシャレ…。

そして、特に街見学もせずに次の街へ。この時、とにかく街という街を発見していこうと思い、カイロ → ファマガスタ → ヤッファ と順番に経由し、ベイルートの到着を目論見ます。

ここからはなんか緊張感がとれスムーズに目的地へ移動できました。うーん、意外と他PCとすれ違いません。こうなると、なんか拍子抜けしちゃったと、大口を叩けるほど余裕が生まれてきます。ここで油断して、海賊に沈められました、なんてことがありそうですが、無事ベイルートに到着です。

クエストを消化し、次はカンディア → アテネ → サロニカ → イスタンブールを目指します。もう、危険海域だということを忘れるくらいの大物っぷりを披露してます。釣りなんか楽しんで、挙句の果てに最小化して、日記を読んだりと普段のスタイルで航海を楽しんでました。
サロニカは朝焼けっぽい空の色と街並みがマッチしていてお気に入りの街に認定されました。



イスタンブールは変装度が必要と聞いていましたが、まさか65も必要だとは夢にも思いませんでして。それで結局街に入れてもらえませんでした…。ガッデム!あのNPC海賊どもの攻撃を潜り抜けてきたのに…。

その後、落胆した気持ちを引き摺りながらアテネを経由し、夕焼けが綺麗だと噂のヴェネチアへ辿り着きました。癒されました……。ここで東地中海のはジ・エンドを迎えました。明日からは散歩という形で楽しみたいと思います。


○ようこそ

ログイン画面で出てくる新キャラたち。

  

え…と、どこのどなた様ですか???


(優遇)保管スキル進捗状況
● 現在Rank 2 211/400 52.75%
● カンストまで 211/124,000 0.170%
お、お前には無理だ!諦めろ!、と誰もが罵っております。
スポンサーサイト
【2005/08/03 18:55 】 | 航海日誌 05年 - 8月 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
お戯れを | ホーム | 平日のペース
コメント
--貴重な情報ありがとです--
うにまるさん、初めまして、こんばんは。

とても貴重な情報ありがとうございます。
先の航海で思い上がっていたのですが、PKとは殆どいないものだと思ってしまっていました。しかし、うにまるさんの情報でその思いは払拭され気持ちが引き締まりました。

黒海は危険海域でしたね。行くとは注意せねばアカンね…。
by:ハルユウ | URL | #Xy/t/3Q6【2005/08/04 22:13】 [ 編集] | page top↑
----
Z鯖イスパのうにまるです。こんにちは。

東地中海の危険度についてですがこんな風なときもあります(Z鯖)。
アレクサンドリア沖合いにPKが2隻程度遊弋。街中に2名程度PKが休憩。
慣れた冒険者達はブメ中に襲われても結構余裕で逃げてます。
ちょうど立ち寄った風の商人は結構収奪されていました。
アテネに移動したらアテネ沖合いにPK2名程度遊弋。
このときのおいらの状態は、アレクサンドリア入港直前にPK戦闘(商用サムブーク乗艦)。
PK戦闘にならず回避しきったのが5回程度(フリゲート乗艦)。
カイロに向かう水路は回避不可能なので近くにいたNPCに戦闘を仕掛け回避(2回)。

それに対して、冒険者のフレはほとんどPK見なかったりします。
すべてはタイミングなので最悪街から出れなくなるときもあります。

なお、東地中海安全期間も”黒海”は危険海域のようです。
by:うにまる | URL | #SFo5/nok【2005/08/04 10:36】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。